ログイン | 新規登録
メインメニュー
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 多賀座BLOG を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 9
昨日 : 16
総計 : 260789
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
多賀座モバイル

2007年5月27日(日曜日)

『猿楽の時代と闘茶展』もうすぐはじまる

カテゴリー: - 多賀座 @ 08時53分27秒

おいしいお菓子が用意されると、「おいしいお茶」が飲みたくなりますよね。不思議なもので、おいしいお茶を用意されたとき、色あいや香りを、まず確かめませんか?

それらを体で感じて、「どんな味だろう?」って、まず味を想像するんです。そして、ひとくちお茶を口にふくむことで、想像どおりの味だったと、確認しながら、

「ふっ~」っと一息。

次ぎに、口の中に広がったお茶の渋みやあまみから、「どこのお茶だろう?」って想像しますよね。お茶を飲むだけの動作なのに、全神経を働かせて感じとり、日頃の慌しい生活を「ふっ」と忘れさせてくれます。

そのようなお茶を使って、近江猿楽多賀座では、お茶を飲み当てるあそび="闘茶"を企画しています。そもそも闘茶とは、中世の時代(鎌倉時代末期ころ)公家、社寺、武家間で、茶の産地を飲み当てる、という賭けごとをした娯楽的な寄り合いであり、豪華で優美なあそびであったと伝えられています。

中世の時代、人びとが夢中になった遊び。さて、現代でも通用するのか? しかしながら、この企画は好評を受けまして、今年で三年目になります :mrgreen:  時代が流れても"楽しい"という感覚は同じなんだなぁ~と実感します。

今年もおいしいお茶を用意しておりますので、全神経を働かせて、お茶を飲み当ててくださいね。もちろん、多賀町の特産品である大君ヶ畑のお茶もありますよ。(多賀町民のみなさんは、当ててくださいよ~)昨年、一番間違いが多かったのが、大君ヶ畑の雁がね茶 と 岐阜産の雁がね茶でした。同じ 雁がね茶 ともなると、味の区別がむずかしくなりますが、これはスタッフ側のねらいです。それでも、お茶に詳しい方には、「即答」で当てられてしまいましたけど… :cry:

2006 開催写真

DSCF0598.JPGDSCF0627.JPG resize0008.jpg

          2007のトウチャは7がつ上旬開催 :roll:   

    チラシができたら  すぐ れんらくしま~ス  お楽しみに。 :Pあず


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tagaza.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/16

  1. 勸繩さん

    Comment by 妛珪簾哈 — 2008年8月9日(土曜日) @ 18時26分22秒

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


21 queries. 0.021 sec.

多賀座BLOG カレンダー
2019年 9月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
多賀座BLOG 月別過去ログ
多賀座BLOG カテゴリ一覧
多賀座BLOG 最近の投稿