近江猿楽の歴史

近江猿楽の歴史

応永25年(1418年)


近江猿楽の「未満寺」座(敏満寺座)が、山城伏見の法安寺・御香宮で演能する。
『看聞御記』


文正2年(1467年)

多賀大社が、例年の祭礼参勤の禄米を、馬淵の馬見岡宮(近江八幡市)の楽頭・樹木大夫、北坂大夫(敏満寺座)、山しな大夫、日吉大夫らに与える。
『多賀大社文書』


享禄2年(1529年)

押立神社(現東近江市)の千部経会の法楽に猿楽が奉納される。楽頭北坂座(敏満寺座)。
『千部経会板書記録』(押立神社蔵)  

『近江猿楽とは』 只今、事務局にて編集中! 近日中にアップします☆




サイト名: 近江猿楽 多賀座 オフィシャルサイト   http://www.tagaza.com
この記事のURL:   http://www.tagaza.com/modules/tinyd0/index.php?id=1