ログイン | 新規登録
メインメニュー
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 多賀座について を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 17
昨日 : 20
総計 : 249692
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
多賀座モバイル
近江猿楽の歴史

応永25年(1418年)


近江猿楽の「未満寺」座(敏満寺座)が、山城伏見の法安寺・御香宮で演能する。
『看聞御記』


文正2年(1467年)

多賀大社が、例年の祭礼参勤の禄米を、馬淵の馬見岡宮(近江八幡市)の楽頭・樹木大夫、北坂大夫(敏満寺座)、山しな大夫、日吉大夫らに与える。
『多賀大社文書』


享禄2年(1529年)

押立神社(現東近江市)の千部経会の法楽に猿楽が奉納される。楽頭北坂座(敏満寺座)。
『千部経会板書記録』(押立神社蔵)  

『近江猿楽とは』 只今、事務局にて編集中! 近日中にアップします☆
プリンタ出力用画面 友達に伝える