ログイン | 新規登録
メインメニュー
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 多賀座ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 30
昨日 : 45
総計 : 251576
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
多賀座モバイル
多賀座ニュース : 恒例、あけぼのパーク多賀で闘茶会     終了しました
投稿者: tagaza 投稿日時: 2010-7-18 23:20:00 (503 ヒット)
多賀座ニュース




2010.7.18 (日)  多賀大社に引き続き、あけぼのパーク多賀で2回めの闘茶会を開催。お茶の先生が来られ、熱心に展示物を見ておられました。展示資料を所望され、確か一昨年も来られていましたので、特別に後日コピーを送りました。

猿楽の時代、中世(13〜14世紀頃) 能 狂言は「猿楽」と呼ばれ、各地の社寺を舞台に活動を行う猿楽座がありました。 当時近江の国には、6つの座があり、その中で一番古い歴史を持つ座が今の多賀町敏満寺にあった敏満寺座(北坂座) であると伝えられています。

添付ファイル: resize0183.jpg  resize0184.jpg 
印刷用ページ このニュースを友達に送る 記事をPDFにする